AM兄貴マックG5の液晶パネルは?

投稿日:

前回j記事で、AM兄貴マックG5をバラしたんだけども、

IMGP8496

LMM5212045655 QD17TT02 REV:01
QUANTA DISPLAY INC(LK01)
RATING:3.3V 1100mA
後でSPECシートあるか調べてみよう。

 

台湾のメーカ、QUANTA DISPLAY INC社の液晶パネルで、仕様書は
http://beyondinfinite.com/lcd/Library/Quanta/QD17TT02.pdf
にあった。2004年設計ですね。3.3V給電のTFT-LSDで、信号はTMDSです。液晶側のコネクタは、FI-XB30SL-HF10(航空電子)メス側で、0.08mmピッチ。細かいな。

image ※上のリンクのPDFより転用。
オス側は、

ディスクリートワイヤ用圧着結線型
FI-X30HL-*
圧着結線型コンタクト
FI-XC3A-1-15000
※小売は、100個で530円くらいかな。ここ。チップワンストップ

この細いのを圧着する工具ってあるのかな?

とのこと。こんなの、小売してないよな。 (ありました、チップワンストップ) ところで、このコネクタの会社は「日本航空電子工業株式会社」(東京証券取引所市場第一部上場 証券コード 6807)で日本製です!コネクタ以外にも光学式(特許はここ)のタッチパネルとか作ってるみたいですね。

で、PIN信号配列はこんな感じ。

image

給電電圧は3.3V
image

ふむふむ。5Vじゃないんですね。

ラベルからは、製造年月もわかるみたい。私のは、2002年1月ということでしょうかね。
image

 

ということで、液晶パネルの信号と電圧はわかりました。液晶が生きてるといいね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中