PC接続テスターぽちった

投稿日:

長らく、アナログテスターでがんばってきたけどやっぱり目の前にパソコンあるとつなぎたくなるよね。
本当は4チャンネルかそこらの、データロガーが欲しかったんだけど、なかなか安値でいいのが見つからなくて。

簡易的なものでもいいから、なんかないかなぁって。お、そういえば、テスタってPCにつなげるのあるよなって。ググったら、結構安いんだよね。1万くらいはするかなって思ったけども、なんと4000円弱であるではないですか。

そんな中で候補にあがったのが、2機種。
MAS-345 (MAS345 DIGITAL MULTIMETER)
秋月電子にて3850円

定番の安値でPC接続できるヤツですね。

これもお値打ちだよ~。
MS-8226 (MS8226 DIGITAL MULTIMETERS
amazonにて3980円 ポチッたら最後の一台だったみたい。プリント基板センターPBでは4290円
※MS8226T っていうのは、True RMS valueだけど。ちこっと高いのよぉ。

精度としては、まぁ似たようなもの。おまけ機能で両者特色があるようで。周波数、DUTY測定、hFEチェック機能などがあったりなかったりで、両者の特色があるようです。迷うよね。
最大に迷う点としては、定評のあるソフト(Ts Digital Multi Meter Viewer)で動くのは上。型番が違うから、RS232Cの仕様が違うだろうし。作者が日本人だしね。

メモ
http://rahmyzdhyfbr.tripod.com/
Mastech MS8226 serial protocol
MS8226official document

仕様も出てるのね。だれかが、解析したのかな? なんとかなるかな。他、QtDMM はMacOS XとLinuxで、Windowsバイナリがにゃい、、、、今いち、インターフェイスが気に入らないし、、、他、なにかないかと探してみたら
http://www.syscompdesign.com/DVM101.html
なのがありました。DVM-101ってのは、MS8226と同じみたいで、ケースとソフトウェアをつけてるんですね。このソフトウェアがWindows,Linux,MacOS Xとあるので、少し触ってみたら、なかなかよさそう。この会社、カナダにあってソフトウェアオシロ(USB接続の機器はある)とかもリリースしてるみたい。189$ ですか。要チェックですね。手が出させそうなオシロで、機能満載。ほしぃ~!EMSで送ってくれそうだし。
この会社の面白いのは、ソフトウェアをGPLライセンスで公開してるところ。

MS8226でTsDMMVが動かなかった場合の代わりのソフト(同梱のDMM ver2.02ってのはありますが)は、上記のを試してみるということで、テスターリードがかっこいいし、ちょっと冒険してみるかって事で、MS8226をポチりました。

長く大事に使いたいですね~。PCにつなげられることで、また工作の楽しみも増えるわけで。4000円で楽しみが増えるんなら、安いものだと思う。昔、同じことやろうとしたら、結構お金かかったもんね。いい時代になった!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中