EasyDriver

投稿日:

1個160円くらいのEasyDriverを3つゲットして、まずは1つを半田付け。

IMG_0138

ブレッドボードも新調しました! 前使ってたのが、ピンがめちゃくちゃ入りにくくて。今度のは、いいですね。挿しやすくてイライラしない。で、こんな感じに差し込んで半田付け。

IMGP0825

で、ステッピングモーターを用意してなかったので、フロッピーディスクか、CD-ROMを分解してステッピングモーターを取り出すことに。

 

Junk物色中。配線中、、、、完了。接続。、、、、うごきません。!!!

 

寝る!

 

・・・ 起床後、ふと見るとEasyDriver 側のLEDがついていないのを発見。電源が入っていませんでした。

写真_1

5Vをモータードライブ用に入れていたんですが、仕様的に、6~30Vとか書いてあるので、手持ちに8Vくらいのしかなかったので、それを印加。

サンプルは、ネットで見たのをコピペ。PINのアサインは、PIN2 に Direction (正逆の回転方向)と、PIN3 にStep パルスを。

写真_2

ほほー、な感じです。他にもPinがあるけども、深追いせず。Sleep とか PFD とか何に使うんでしょうかね。写真 3

 

/*
 Junk FDD Stepper Motor Control Sample.
 JunkHack 2015.04.19
 */
 
#include <Stepper.h>
int steps;                // ステップカウンター
int movement = 1400;            // 片道移動量 ( step 数)
int Delay = 200;            // 遅延 ms
int dirPin = 2;                // 回転方向出力 Pin 
int stepPin = 3;            // ステップパルス Pin

void setup() {                
  pinMode(dirPin, OUTPUT);        // 回転方向の出力PINを指定
  pinMode(stepPin, OUTPUT);        // ステップ出力PINを指定
  digitalWrite(dirPin, LOW);        // PIN出力をLOWで初期化
  digitalWrite(stepPin, LOW);        // PIN出力をLOWで初期化
  steps = 1;                // ステップカウンターを初期化
}

void loop() {
  if ( steps < movement ) {        // 移動量を超えてなければ
      digitalWrite(dirPin, HIGH);    // 回転方向出力PIN は HIGH (5V)
  } 
  if ( steps > movement  ) {    // 移動量を超えたら
      digitalWrite(dirPin, LOW);    //  回転方向出力PIN を LOW (0V)
  }
  digitalWrite(stepPin, HIGH);        // ステップ出力 PIN を HIGH (5V)
  delayMicroseconds(Delay);        // 遅延
  digitalWrite(stepPin, LOW);        // ステップ出力 PIN を LOW (0V)
  delayMicroseconds(Delay);        // 遅延
  steps += 1;                // ステップカウンターを +1加算
  if ( steps > movement * 2 ) {    // 往復したら
     steps = 1;                        // ステップカウンターリセット
  }
}
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中