CP2102 Serial Converter

投稿日:

前回、続々と素材をゲット した中のパーツを2つ試してみました。

まず、あまりの安さに手を出したPro Mini 168 Mini ATMEGA168 5V/16MHz の10個入りの中の1つを半田付け。で、こいつはUSBシリアルのインターフェイスを持っていないので、USB UARTのCP2102 Male USB 2.0 to TTL UART Module Serial Converter をつなげる形でプログラムを転送します。

 

で、Pro Mini 168 5V はなんの苦労もなくLEDが光って動作確認はできたのですが、このシリアルコンバータの接続が???。購入時は気に留めていなかったのですが、DTR端子が見当たりません。

とりあえず、以下のように4本をつなげてデータ転送してみたのですがエラーが出てだめ。

IMG_0194 2

うーん、DTRを取り出そうにもそんな端子が見当たらず、グーぐる先生に聞いてみたところ、どうやらリセットボタンを使ってやればよろしいようです。

 

映像で見たほうがわかりやすいので、どうぞ。

DTRがなくても、こんなヒト手間をかければよろしいようです。

とはいっても、やっぱりDTR端子は欲しいので、次回の買い物のついででAliexpress のどっかでゲットすることにします。

 

で、このProMiniは今作ってるJunkFDDプロッターに鎮座させる予定です。容量とか足りるのかどうかはまだ未知ですが。まぁ、そんなにたいしたプログラムを乗っけるわけじゃないのでオーバースペックかもですが。なんせ、1個160円くらいなので気安く使ってしまえという発想ですが。

 

とりあえず、ProMiniとCP2102の検証でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中