ESP8266 ESP-12 DoubleBlink

投稿日:

ESP8266 チップを使った WiFiモジュールの ESP-12 を触ってみました。

面白いことに、このモジュール単体でGPIOがあり、ArduinoIDEでプログラムを書き込みできてしまうという点です。

まずは、ハードウェアのHelloWorldであるLED点滅をやってみました。

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.45.29.660

モジュールはこんな感じでちっこいです。3.3Vで動作します。ブレッドボードに刺さらない2mmピッチなので下駄を履かせています。 基盤のしたにジャンパーを伸ばしてやらないと配線できませぬ。

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.46.59.348

そのうち、オフィシャルのArduinoIDE にも入るかと思いますが、以下からESP8266 をサポートしたIDEをゲットします。

 

esp8266/Arduino · GitHub

https://github.com/esp8266/Arduino

 

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.49.25.402

ボードにESP8266 が入っています。

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.49.36.091

書き込み装置には、esptool が入っています。

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.49.46.156

配線は以下のようにします。上にあるのは、5V to 3V のレギュレーターです。書き込みするときは、GPIO0 をGND に落としてやります。

aacf887cc59654663f08674be38c52c9

コードはダブルブリンクを以下のようにしてみました。

/*
 ESP8266 Double Blink Sample.
 Arduino-compatible IDE with ESP8266
 arduino-1.6.1-macosx-java-latest-signed.zip
 https://github.com/esp8266/Arduino
 JunkHack 2015.05.08
 */
 
void setup() {
  pinMode(0, OUTPUT);
}
 
void loop() {
  digitalWrite(0, HIGH);
  delay(400);
  digitalWrite(0, LOW);
  delay(100);
  digitalWrite(0, HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(0, LOW);
  delay(1000);
}

IDE から書き込みすると以下のようになります。

ESP8266-DoubleBlink.mov 2015.05.08 08.50.15.224

とりあえず、書き込み方法はわかりました。

映像は以下をどうぞ。

次回は、WiFi でコネクションする何かをやりたいですね。

面白いことに、透過モードにするファームウェアもあるので試してみたいですね。

 

ESP8266-transparent-bridge

https://github.com/beckdac/ESP8266-transparent-bridge

nWorld ESP8266で透過モードを使ってみた。

http://firtel.blogspot.jp/2015/01/esp8266.html

広告

2件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中