ESP12単体でwifi connection

単体でWifi に接続して、データをThingSpeak に投げるテストをしてみました。

 

IMG_0269

配線はこんな感じで、GPIO12 と 13 にLEDをくっ付けてみました。アクセスポイントにコネクションしたときにダブルブリンク、WEBにコネクションしているときは、点灯する感じです。

スクリーンショット 2015-05-09 16.13.41

まだ、センサーとかはつけていないのでカウンター値を上げてみました。

imageほほー、簡単ですね。

 

コードはこんな感じです。

/*
 ESP8266 HTTP get webclient test.
 https://thingspeak.com/channels/37124
 Arduino-compatible IDE with ESP8266
 arduino-1.6.1-macosx-java-latest-signed.zip
 https://github.com/esp8266/Arduino
 JunkHack 2015.05.09
 */
 
#include <ESP8266WiFi.h>
 
const char* ssid     = "JunkHack";
const char* password = "testtest";
 
const char* host = "184.106.153.149";
 
void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);
  pinMode(12, OUTPUT);
  Serial.begin(115200);
  delay(10);
 
  // We start by connecting to a WiFi network
 
  Serial.println();
  Serial.println();
  Serial.print("Connecting to ");
  Serial.println(ssid);
 
  WiFi.begin(ssid, password);
 
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
    digitalWrite(13, HIGH);
    delay(400);
    digitalWrite(13, LOW);
    delay(100);
  }
 
  Serial.println("");
  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.println("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());
}
 
int value = 0;
int count = 0;
 
void loop() {
  delay(5000);
  ++value;
 
  Serial.print("connecting to ");
  Serial.println(host);
 
  // Use WiFiClient class to create TCP connections
  WiFiClient client;
  const int httpPort = 80;
  if (!client.connect(host, httpPort)) {
    Serial.println("connection failed");
    return;
  }
  
  digitalWrite(12, HIGH);
  delay(1000);
  count += 1;

 
  // We now create a URI for the request
  String url = "/update?key=5GPL7J7EVNB5R8GE&field1=";
  url += count;
  Serial.print("Requesting URL: ");
  Serial.println(url);
 
  // This will send the request to the server
  client.print(String("GET ") + url + " HTTP/1.1\r\n" +
               "Host: " + host + "\r\n" +
               "Connection: close\r\n\r\n");
  delay(10);
 
  // Read all the lines of the reply from server and print them to Serial
  while(client.available()){
    String line = client.readStringUntil('\r');
    Serial.print(line);
  }
 
  // Close connection
  Serial.println();
  Serial.println("closing connection");
  digitalWrite(12, LOW);
}

ArduinoIDE のシリアルモニターでも見れますが、osx のCoolTermでは以下のように見れます。

Connection_Options__CoolTerm_0__と_CoolTerm_0

 

Menubar_と_Connection_Options__CoolTerm_0__と_CoolTerm_0

 

Connection_Options__CoolTerm_0__と_CoolTerm_0 2

 

Menubar_と_CoolTerm_0_と_Windows7__Running_

 

参考にさせて頂いたページ

ESP8266モジュールをArduinoとして使う

http://ehbtj.com/electronics/esp8266-as-arduino

 

ESP8266をUSB-TTLシリアル変換してWi-Fiの確認する

http://qiita.com/masato/items/a3b71f8a17b876be8f76

 

ESP8266 Wifi Temperature Logger

http://www.instructables.com/id/ESP8266-Wifi-Temperature-Logger/?lang=ja&ALLSTEPS

広告

ESP12単体でwifi connection」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 初めてのIoTデバイス完成 | junkhack

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中