Pi2 LXDE 調整

投稿日:

osx より X11 を経由して、ああでもないこうでもないと設定をあれこれ見ると、i-bus というのがありまして。

結論から言えば、この設定を変えることで、スペースが打てない問題は解決しました。

以下のような部分を右クリックして、設定を選択

panel

以下のような設定が現れて、ここをシフト + スペースに設定。Super っていうのが選択されていたのですが、そんな就職キーはないのか有効じゃないようで、

スペースがこのショートカット

になっていたようです。

入力メソッドの切り替え中_のキーボードショートカットを選択_と_IBus_の設定_と___無題_

このキーは、入力システムを切り替えるやつのようです。以下のようなのが、現れて、切り替わるという。

__無題_

とりあえず、少し前進。普通に使えるってことが、すばらしいですね。こんな事で感動してますが、何か?w

panel_と_タスクマネージャ_と_IBus_について_と___無題_

メモリの消費も最小限で、速度も実用的。Linux の GUI ツールっていうのはまったく知りませんが、探せばいろいろあるかと思います。あわてず、少しづつ入れてみます。知らないだけで、実は便利なLinux のGUIツールっていうのはありそうですよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中