Fedora22-LXDEのインストール後ログイン不可

投稿日:

以前、Fedora22 の minimam を SDCard に入れて動かしたとき、初期に出るウィザードがうまく動作していない挙動があって、SDCard の中を Linux マシンでマウントさせ shadow や sudo設定や、passwd 、ホームディレクトリとbash設定をしてやっとログインできたのを思い出しました。

 

詳細は追っていないので、どこに問題があるのかわかりませんが、挙動から初期ウィザードがうまく動作していない様子です。今回、Fedora22-LXDEを BerryBoot の img に変換したわけですが、うまくログインできたFedora22-Workstationの中と比べてみました。

 

以下は、iSCSI Boot しているディスクのトップディレクトリ以下の構造です。

▼Fedora22-Workstation インストール後の boot disk の中身
$ tree -L 4 –filelimit 30
.
├── data
│   └── Fedora22-Workstation-berryboot.img
│       ├── etc
│       │   ├── chrony.keys
│       │   ├── cups
│       │   ├── group
│       │   ├── group-
│       │   ├── gshadow
│       │   ├── gshadow-
│       │   ├── ld.so.cache
│       │   ├── locale.conf
│       │   ├── localtime -> ../usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo
│       │   ├── passwd
│       │   ├── passwd-
│       │   ├── pki
│       │   ├── resolv.conf
│       │   ├── shadow
│       │   ├── shadow-
│       │   └── udev
│       ├── home
│       │   └── pi
│       ├── tmp
│       │   └── tracker-extract-files.1000
│       └── var
│           ├── cache
│           ├── lib
│           ├── log
│           ├── spool
│           └── tmp
├── images
│   └── Fedora22-Workstation-berryboot.img
::

▼Fedora22-LXDE インストール後の boot disk の中身
$ tree -L 4 –filelimit 30
.
├── data
│   └── Fedora22-LXDE-berryboot.img
│       ├── etc
│       │   ├── chrony.conf
│       │   ├── chrony.keys
│       │   ├── hostname
│       │   ├── ld.so.cache
│       │   ├── pki
│       │   ├── resolv.conf
│       │   ├── ssh
│       │   ├── systemd
│       │   └── udev
│       ├── lib
│       │   ├── python2.7
│       │   └── systemd
│       ├── root
│       ├── tmp
│       │   ├── anaconda.log
│       │   ├── ifcfg.log
│       │   ├── packaging.log
│       │   ├── program.log
│       │   ├── sensitive-info.log
│       │   └── storage.log
│       └── var
│           ├── cache
│           ├── lib
│           ├── log
│           ├── spool
│           └── tmp
├── images
│   └── Fedora22-LXDE-berryboot.img
::

data ディレクトリ配下に、img にはないものが書き出されているようです。両者を比較してみますと、初期ウィザードで作られてもおかしくないファイルがごっそりありません。

試しに、必要なものをコピーして起動してみましが、元の状態に書き換わってしまいます。BerryBoot がルートファイルシステムにchroot するときか、それ以前かわかりませんが、何かチェックサムか何か見ているのでしょう。

 

さて、どうしますかね。シングルユーザモードで起動する方法も試してみましたが、BerryBoot.img の 中のinitを追わないと、kernel に渡す引数がどうなっているのかわかりません。前回、berryboot.img の中をのぞいてみた ではちょっと見ただけで処理を追ったわけじゃないので。

 

・・・・・・・・さて、方法は以下のような対処が考えられそうです。

1)berryboot.img の処理を追って、シングルユーザモードで起動させる方法があるか見極める。なければ、作る。

2)Fedora22 のimg を作る段階で、初期ユーザなどの設定を入れてしまう。

3)Fedora22 の minimam や LXDE などの配布イメージの初期ウィザードがなぜ動作しないか追う

 

3が正等な方法ですが、気力がわいてこないので、1か、2で対応しようと思っていますが、これも気力がわいてこない。一番お手軽なのは、2なので、やる気が沸いてくるまで、他のことを考えようかと思います。

 

ふぅ。いろいろありますね~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中