ArduinoNano 単体で VGA出力

投稿日:

時計をどっかに出力したいけども、手元に出力するものがないので、なんか良い方法はないかなぁと調査していたところ、なんと、Arduino 単体でVGA 出力できるそうではないですか!以下、横スクロールしている写真です。

2

抵抗が5本とジャンク品のマザーボードからぶっこぬいてきた、VGAメスに配線し、VGA 出力できました。

写真 2

配線するだけで、良いとはまさに盲点。

写真 1

全体像はこんな感じ。

1

まだ時計のデータは表示していませんが、このVGA出力で、RTC の情報なんかを表示してみようと思っています。

 

使用したライブラリは、VGAX Library for Arduino UNO です。イタリアのMaffiodo, Sandroさんが作られたものです。リンク先行くと、画像のようなピクセル表示の絵なんかも出せます。このVGA 出力の表示方法を考えたのは、今から3年前にオーストラリアのNick Gammon さんがフォーラムでリリースしたのが最初のようです。

 

面白いのは、RGB 信号を抵抗で降圧させて、あとは垂直・水平同期信号を出して、GND入れて6本の配線でVGA コネクタへつながります。このあたりの評価を解析したまじめなサイト(Arduinoを用いたVGA映像信号の出力・穴田 拓磨さん)もあり、勉強になりました。トランジスタと抵抗4本とコンデンサを使ったエミッタフォロワ回路の紹介もあり、波形は断然綺麗でした。

 

今や、HDMI や DVI が主流のビデオ出力信号ですが、アナログRGB のVGA も用途によっては活躍する場がありますので、覚えておいて損はないですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中