パーツ取り外しUSBと半固定抵抗

投稿日:

iMac のマザーボードについていたUSBメスジャックの取り外しに苦戦。なんとか取り外しましたが、がっちりくっついていました。ピンの間隔がユニバーサル基盤には合わないので、つけるときにまた加工が必要です。半固定抵抗は昔の製品についていただけに、問題ありません。

 

usb_reg

以下のように、基盤から強引に取ると、スルーホールの残骸がpin に残るので除去します。買ったほうが速いとかは、まぁなしで。

usb2

とりあえず、テスターで通電すると問題ないようです。外側の筐体自体はGND に落ちていませんでした。

 

リード線を出して通電確認をしておきます。

写真

ちょっとめんどくさ過ぎて、QKします。

 

で、休憩後、本体側に配置するレイアウトを仮置きしてみました。

1

隙間に抵抗やら、スピーカーを配線していく感じです。なかなか、いい感じになりそうです。

2

基盤の余分な部分をカットして、次はコントローラーAの解体に入ります。

写真 のコピー

うーん、面倒な作業が続きます。一度、このあたりでブレッドボードに配線して、プログラムを書き込んでテストしておきます。

現在、目玉おやじのコントローラAの加工をしています。次回以降で紹介します。

 

休み中にできるか微妙な進行具合になってきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中