PCB の裏面のシルクに画像を入れてみた

投稿日:

E-ink controller は CC BY-SA だったので、そのロゴと、オープンソース・ハードウェアのロゴも入れてみました。

これは、ミラーした状態にする必要があるのかわかりませんでしたが、ちょっとテストで入れてみることに。

osshw

横幅2000px くらいのビットマップ画像を白黒にして、黒いところだけチェックを入れるといいようです。

画像は、bmp 形式でインポートするとウィザードがあるようでした。係数に、0.4 を入れて縮小しておきました。レイヤーは、bPlace に入れておけばよいようです。

複数選択をして、レイヤーを変更する方法がなかなかわからず、操作に手惑いました。

・ポイント

グループ選択する

チェンジアイコンからレイヤーを指定。

その後、グループ選択してある対象をクリック

 

インターフェイスが悪いというか、ちょっとこのあたりは要改善してほしいですね。

 

画像でロゴが入れられるということは、JunkHack のロゴも何か作りたくなってきますね。

 

さて、次はソースコードでも見てみますか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中