パワーセーブをESPでコントロール

投稿日:

配線の見直しを行いました。

TPS63000 のバックブーストのパワーセーブをESP13からコントロールすることにしました。オシロスコープとかは持っていないので、有効かどうかは、バッテリーの持ちで判断することになりそうです。

 

IC2からの配線と、左下LEDの配線を変更し、GPIO 5番でパワーセーブをコントロールすることにしました。

1

 

2

 

3

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中