拡張開発ボード

投稿日:

大体、本体側は出来たので拡張ボードを何か作ろうかと。特にアイデアがまだないので、思考中ですが、電流計測なんかあると面白いんじゃないかと思い、ACS712 あたりを入れたらどうかと。それか、汎用的にユニバーサルピッチと、8pin のIC とか乗せて、足だけつけるのもありかなぁと。

4

真ん中の余った部分には、各種パッケージのパターンを織り込んで、手半田で出来るサイズを作っておけばいいかも。

あると便利だなと思うのは、

・ロジック変換

・モータードライバ

・LCD 制御

・LED制御

あたりでしょうか? なんか、こういう製品があってもいいんじゃない? って思っています。

 

電流をセンシングする専用のICがあるようで、TIのINA226 とかそのシリーズがよさそうです。

INA226 パッケージは、10-Pin VSSOP で価格も5個で1000円ちょいのようですので候補です。

Free-shipping-5lot-pcs-INA226AIDGSR-INA226AIDGS-INA226-MSOP10-100-NEW こんなESP のプロジェクトがあるようで、参考にしてみたいです。

ESP8266-MQTT-battery-monitor-hw

https://github.com/hwstar/ESP8266-MQTT-battery-monitor-hw

I2C接続のデジタル電圧・電流センサIC で、接続も楽そうですし、ストロベリーリナックスさんも販売しているくらいですから、物は良さそうです。

 

どうやって使うかは、まだ不明ですが、シャント抵抗の精密なものがあるといいようです。はぁ、なんですかね、これは?

電圧と、電流を計測するものは、拡張ボードで作って、2つを個別に動作させて動かしてsleepmode の時の消費電力を計測する感じになりそうですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中