INA226電流センサーを載せたけど

投稿日:

電流センサーのINA226を2階建て基板に乗せてみたんですが、なんかしっくりこないで迷っています。

・上基板は、温度湿度照度を取るもの。内臓ADC をIC2 のFSA3357で切り替えて、バックブーストの生成後3.3V とバッテリの電圧を見ている。

・内臓のなので、精度は10bitで簡易的なもの

・拡張して、電流と電圧を取る必要性があるのか?

 

なんていうことを考えていると、手がとまります。以下くらいまでは、配置と配線が進みました。

a

回路図は以下のようにしています。まだ、アラートを受けるPIN は決めていません。INA226 のスレーブアドレスを決めれるようにしておきました。

b

ジャンパーピンは、以下のようなテーブルのようです。

5

6

GPIO 0,2,15 は以下のように処理しておきます。この3つはモード切替のピンですが、使えるんでしょうか?あとで配線を選択できるようにスリットのジャンバーに接続しておいたほうがいいかもしれません。

 

0

25mΩのシャント抵抗は、以下のにしました。2512サイズ。

2512-0-025-ohm-1-1W-SMD-Resistor-0-025R-R025-Chip-resistor-50Pcs-Lot-Free

 

端子は、以下のが安かったのでこれにしましたが、結構大きいです。

d正確な大きさがよくわかりませんが、以下のものくらいだと思います。

 c

とりあえず、このまま発注しちゃいますかね。迷っています。

 

うーん、あれこれ考えてとりあえずもう一週間考えることに。とりあえず、あまった所にむりやりINA226 のモジュール化をしたものを作って本日終了。

 

a

 

b

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中