Logic Pirate というオープンソースのロジックアナライザ

投稿日:

ちょっと脱線しますが、次に作りたいものをメモしておきます。

ロジックアナライザという計測ツールがあるんですが、最初の一台に安くてハードから作れてソフトウェアもあるものを探していたら、以下がありました。

Logic Pirate

http://dangerousprototypes.com/docs/Logic_Pirate

8チャンネルで、オーバークロックして60Mhzで動作するようです。メモリには256Kまでのサンプリングが可能だそうです。

Logic_pirate

完成した基板も3000円ほどで売っていますが、なぞって作ってみるのも勉強になるのでPCBから作ってみたいと思っています。

イーグルファイルもありますし、ドキュメントも揃っています。

1

工夫すれば、もう少し小さくなると思うので、組みなおして作ってみたいなと。部品代も安くておそらく1000円未満だと思います。

メインのチップは、32bit のMicrochip Technology PIC32MX250F128B-I/SO だそうです。

Untitled

ソフトは、Java製でosx 向けにビルドされたものもあります。

 _Applications

10.9.5 で起動は確認しました。

Logic Sniffer というソフトウェアで、オフィシャルサイトは以下です。

Logic Sniffer

https://www.lxtreme.nl/ols/

License GPLv2

2

オフィシャルサイトにスクリーンショットもあります。なんだか良くわかりませんが、素人が使う分にはとりあえず十分な感じです。

bw-theme channel-annotations channel-grouping-and-analog-scope cursors-and-signals new-measurement-tool uart-decoder-tool

 

参考サイト

オープンソースな格安ロジックアナライザ

ロジアナ(Logic Pirate)到着

広告

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中