15ドルのOrange Piで遊び倒す

投稿日:

遊びがいがありそうなので、ポチりました! 動機としては、OpenStack のARMビルド版を動かすのを目標にしています。

 

CPU には、allwinner のH3 というアーキテクチャーネームはsun8iw7p1 というものが載っています。

4K に対応した H.265/HEVC 4K@30fps のデコードが出来るんですよ。そして、4コアですよ。1.6Ghz で動作して、こんなのが2300円で買えてしまうなんて。もう驚きです。!!!どうやら、これは30ドル~50ドルくらいのSTBを対象に開発されたようで、価格は6ドルとのこと。

H3_Allwinner_TechnologyH3_Allwinner_Technology 2

Allwinner_H3_Datasheetv1.1

UnixBench ではRasPi(2じゃないやつ)よりも速いはずです。到着したら、自身で計測してみますが、他者の結果は以下のようです。RasPi2 より速ければ、うれしいですね。スペック的には速いはずです。以下のベンチマークは、Orange Pi(AllWinner A20)のもの。

参考ソース

http://pastebin.com/chsgAxw2

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)
 
   System: OrangePI: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 3.4.39 -- #1 SMP PREEMPT Wed Sep 16 13:39:07 CEST 2015
   Machine: armv7l (unknown)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   16:00:08 up 31 min,  1 user,  load average: 3.00, 3.09, 2.76; runlevel 2
 
------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Sat Sep 19 2015 16:00:08 - 16:28:23
0 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests
 
Dhrystone 2 using register variables        5193714.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                      791.3 MWIPS (10.1 s, 7 samples)
Execl Throughput                                349.9 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        121696.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           36652.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        277558.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              323747.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  12225.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               1044.4 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1433.6 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    472.1 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                         854375.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
 
System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0    5193714.8    445.0
Double-Precision Whetstone                       55.0        791.3    143.9
Execl Throughput                                 43.0        349.9     81.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     121696.0    307.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      36652.0    221.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     277558.9    478.5
Pipe Throughput                               12440.0     323747.0    260.2
Pipe-based Context Switching                   4000.0      12225.1     30.6
Process Creation                                126.0       1044.4     82.9
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1433.6    338.1
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        472.1    786.9
System Call Overhead                          15000.0     854375.1    569.6
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         225.1

 

-c 4 のオプションをつけてないようなので、おそらくRasPi2 よりも速いはず。

 

orangepipc_info オフィシャルサイトには、サポートOSは以下のようです。

orange_pi_homepage_-_Orangepi

www_orangepi_org_downloadresources_ ラインナップは以下のようです。最初の1つを選ぶとしたら、一番安いものでとりあえずいいかなと思ったので、15ドルのOrange Pi PC にしました。大きな違いは、NIC がGB対応にするか、WiFi 付きを選ぶか、SATA も付くのを選ぶか、eMMC8GB のストレージ付きを選ぶかです。

  Orange Pi Orange Pi Plus Orange Pi 2 Orange Pi PC Raspberry Pi 2 Model B
Processor AllWinner A20 Allwinner H3 Allwinner H3 Allwinner H3 Broadcom BCM2836
CPU cores 4x Cortex-A7 @ 1GHz 4x Cortex-A7 @ 1.6GHz 4x Cortex-A7 @ 1.6GHz 4x Cortex-A7 @ 1.6GHz 4x Cortex-A7 @ 900MHz
GPU PowerVR SGX544MP2 ARM Mali-400 MP2 ARM Mali-400 MP2 ARM Mali-400 MP2 Broadcom VideoCore IV
RAM 1GB 1GB 1GB 1GB 1GB
Storage microSD, SATA 2.0 microSD, SATA 2.0, 8GB eMMC microSD microSD microSD
Wireless WiFi WiFI WiFi
Ethernet Gigabit Gigabit 10/100 10/100 10/100
A/V I/O HDMI, composite, LVDS, VGA HDMI, composite HDMI, composite HDMI, composite HDMI, composite
Camera CSI CSI CSI CSI CSI
USB ports 4x USB 2.0; 1x USB OTG 4x USB 2.0; 1x USB OTG 4x USB 2.0; 1x USB OTG 3x USB 2.0; 1x USB OTG 4x USB 2.0
Power +5V via micro-USB or barrel jack +5V via micro-USB or barrel jack +5V via barrel jack +5V via barrel jack +5V via micro-USB
Expansion 26-pin Pi-style; 18-pin 40-pin Pi-style 40-pin Pi-style 40-pin Pi-style 40-pin
Dimensions 112 x 60mm 112 x 60mm 93 x 60mm 85 x 55mm 85 x 56mm
Price (less shipping) $49 $59 $30 $15 $35

オリジナルソース

http://linuxgizmos.com/15-dollar-orange-pi-pc-hacker-sbc-packs-quad-core-soc/

価格のバランスから言って、まずは表中の赤いものでいいかなと思いました。

2300円(15ドル+送料)くらいなので、ちょっと遊んでみようかと思います。目標は、オリジナルなOSビルドです。

野良なイメージはあるけれども、ちょっと心配だし、1からCentOS とかのarm 版を作ってみようかと。目標は、OpenStack のARMビルドを走らせること。そして、検証用のOpenStack 環境を作ってみたいなと。

 

アプリケーションであれば、クロスコンパイル環境を作ればARM版のアプリケーションはビルド出来るのでしょうが、OS自体を1からARM ビルドするにはどうしたらいいのでしょうか? このあたりのノウハウも勉強になると思いますので、やってみたいと思います。

 

オリジナルなブートローダーや、セットアップを簡単にするインストーラなども作れたら面白いなと思っていますが、いろいろスキルが必要になりそうですので、勉強しながらやっていきたいです。

 

それにしても、この部品構成でどやったら、15ドルで出せるのかが不思議です。

CPU は6ドルとのことで、大量に買えば安くはなるのであろうけども、中国のパワーはすごいですね。脅威を通りこして畏敬を感じます。安いのはパワーだと!

 

とりあえず、年末年始はこれで楽しめそうです。SUNXIのマニュアルにH3 とか基本的なマニュアルビルドの手順が載っていたのでメモ。

 

sunxi

Manual build howto

H3 Manual build howto

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中