Sigrok の Pulsview 0.3.0 動きました

投稿日:

とりあえず、なんとか動かしたいのでソースをコードも見ましたが、特に問題となりそうな部分もなく、ちょっと場を離れてから、brew版のをサイド入れてみることに。とりあえず、動作させることができました。

なんとか、今年中に出来たのですっきり。

 

0.3.0-git-5d73886 では、以下のようにトリガーが設定できて楽になりました。Runを押せばトリガーがでるまで、stop して採取されます。サンプル数を設定しておけば、採取されて停止します。ロジックアナライザーとしては基本機能だと思いますが、手持ちのハードでなんとか動いてよかったです。

7

拡大すると、500ns とか取れています。1us 単位くらいまでは見れそうということがわかりました。

8

サンプルレートは、2MHz 以上あげるとどうしても採取後にクルクル回って、操作を受け付けないスタック状態のような感じになります。コマンドライン版でドライバを指定してみると、以下のようです。

$ sigrok-cli --show --driver fx2lafw
Driver functions:
    Logic analyzer
Scan options:
    conn
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
sr: fx2lafw: Failed to get manufacturer string descriptor: LIBUSB_ERROR_OTHER.
fx2lafw:conn=28.2 - Saleae Logic with 8 channels: 0 1 2 3 4 5 6 7
Supported configuration options:
    continuous: 
    limit_samples: 0 (current)
    conn: 28.2 (current)
    samplerate - supported samplerates:
      20 kHz
      25 kHz
      50 kHz
      100 kHz
      200 kHz
      250 kHz
      500 kHz
      1 MHz
      2 MHz
      3 MHz
      4 MHz
      6 MHz
      8 MHz
      12 MHz
      16 MHz
      24 MHz
    Supported triggers: 0 1 r f e 
    captureratio: 0 (current)

ここに出ているサンプリング周波数は採取できるはずなんですが、なぜか2MHz までしかとれません。

まぁ、最初の一台ですし、これで勉強させてもらって、物足りなければまた考えることにします。

 

automator でシェルスクリプトを実行するものを作り、アイコンをつけて、app 化します。

6

python の環境変数を一度 unset して消去して、python3.4 とか3.x のをセットしてアプリをバックグランドで呼び出します。

unset PYTHONPATH
export PYTHONPATH="/usr/local/lib/python3.4/site-packages/:$PYTHONPATH"

/usr/local/Cellar/pulseview/HEAD/bin/pulseview >/dev/null 2>&1 &

 

配布用にするには、ライブラリのパスを全部書き換えないといけないので、やめました。このあたりのスキルは、もう少し勉強しないと嵌りそうです。

5

brew 版のインストールは、wiki に書いてあるとおりで以下のようです。

https://sigrok.org/wiki/Mac_OS_X

$ brew tap rene-dev/sigrok

$ brew install python3

$ brew install –HEAD libserialport

$ brew install –HEAD –with-libserialport libsigrok

$ brew install –HEAD libsigrokdecode

$ brew install –HEAD –with-libserialport sigrok-cli

$ brew install –HEAD pulseview

ポイントとしては、マニュアルビルドしてソースから入れたものは一度、綺麗に消して、brew docter で問題をクリアにしてからやることと、以下の libsigrokdecode が2つ出てくるのでbrew のを無効にすることくらいです。

$ brew install –HEAD libsigrokdecode

Error: Formulae found in multiple taps:

* homebrew/science/libsigrokdecode

* rene-dev/sigrok/libsigrokdecode

 

$ brew untap homebrew/science

$ brew tap –repair

$ brew update

 

あと、ファームウェアの格納場所は、デフォルトで

/usr/local/share/sigrok-firmware

になるので、ここにディレクトリを作成し、最新のファームウェアを入れておきます。これで最初のデバイスを見つけてファームがなくエラーになるのを迂回できます。エラーでも、落ちはしませんが。前回落ちたのは別の原因で、QT 関連のライブラリのパスが書き換わっていないのが原因でした。ltool で見ると、/usr 配下となっていました。そのほかの原因もあったとは思いますが、ライブラリの依存関係でおそらくは、brew 版のを見に行っていたのかもしれません。まぁ、詳細は不明です。

 

ということで、とりあえずは動いてよかったです。トリガーもかけられるようになったし、インターフェイスは少しよくなった感じ。ボタンの配置とか。

 

▼まとめ

・EZ-USB FX2LP CY7C68013A で、sigrok の pulsview は動作

・このハードは実質6ドルくらいなので、ロジックアナライザーとして最初の一台で遊ぶには十分

・0.3.0-git-f3697d3 は動作した

・トリガーがかけられるようになった

・少しインターフェイスがよくなった

・2Mhz サンプリングまでは出来ることを確認

・1チャンネル採取で500ns は採取できた。1us くらいが精度か?

・8チャンネル同時採取はまだやっていない

・ファームウェア格納場所は、/usr/local/share/sigrok-firmware

・brew 版で HEAD で入れているので、時期によっては動作しない場合もあるかも

・配布用に、ライブラリを書き換えるのはどうすれば楽になるのか?要研究

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中