OPIでDosboxエミュレータ

投稿日:

とりあえず、rpix86 はよく見るとソースもないし、libopenmaxil.so というraspi の何かのライブラリに依存しているようで OPI では無理でした。

なんか、ないかなぁと探したら、Dosbox というのがあるようです。

 

早速、入れてみました。

# dnf install dosbox
# rpm -qa | grep dosbox
dosbox-0.74-14.fc22.armv7hl

リモートのセッションから起動確認まではできました。

 

1

x2go 便利です。fedora22 も x2goserver あるので、dnf で入れるだけでした。で、起動します。

2

スプラッシュ画面に、DOSBOX と出ています。なんかいい感じ。

3

動作はするようです。ただ、リモートからだとキーマップがめちゃくちゃになって入力ができません。コンソールからだと問題ありませんでした。なにか、環境変数とかあるようです。

 

まだ、操作が良くわかっていませんが、ぼちぼちと何か動かしてみたいです。画像周りとか、音周りとか出すにはもう少しがんばらないといけないような感じです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中