日本製のベアリングは中華と比べてやっぱりすごかった

投稿日:

土曜日は残りの仕事でほとんど潰れてしまったので、対角V-Slot の設計は進んでいません。

NTNとNSK(NSKマイクロプレシジョン株式会社)のベアリングや、小さなV-Type のベアリング(中国製)も届いたので、軸をネジ止めして軽く手で回り具合を確認してみました。中華製にもいろいろとグレードがあると思いますので、ここではアリエクでゲットした1個30円ほどの低価格な中華製と比較した時の事を書いておきます。

imgres

まずは中華製のメーカー不詳の小さなベアリング。これはV-Type のスチール枠にベアリングが組み込んである感じのもの。かなり小さいです。

S20161218_005

内径は、2.9mm

S20161218_006

M3 のボルトが収まります。   S20161218_002

スチール製の20個で600円ほどのモノで、精度はまぁあまりよくありません。

S20161218_003 外系は11.9mm

S20161218_004

厚みは、3.9mm

S20161218_008

エヌアイシ・オートテックの三角アルミフレーム とのバランスはこんな感じ。

S20161218_007

少し精度は悪いとは言ってもそれなりにスムーズに回ります。軽く小さく安く作れるメリットは出そうです。

 

次、日本製のベアリング2種。625 タイプのものです。

ISC_P28-31_pdf 2

NTNのスチール製のと、NSKのステンレス製のをゲットしてみました。S20161218_009

これは、NTN(NTN株式会社)のスチール製の 625zz です。Japanと刻印があります。

NTN_Corporation_Logo.svg

S20161218_014

 

次は、ISC(NSKマイクロプレシジョン株式会社) のステンレス製の 625-H-ZZ です。こちらは、5個パックで箱に入っているようです。6個買ったので、1つはバラ。

NSK_Logo.svg ISC_P28-31_pdf  どっちのロゴなんでしょうか?社名は、NSK があるので、NSK のロゴともいえそうですが、歴史的には、ISC のロゴのようですね。

S20161218_010

レトロなデザインのパッケージに入っています。このパッケージには、ISC のロゴが入っていますね。MADE IN JAPAN の響きは、やっぱりいいですね。

S20161218_011

見た目からして、期待できそう。

S20161218_012

仕様は以下です。

ISC_P28-31_pdf 3

M5のボルトを挿して、軽く転がり具合を肌で確認したところ、体感できるほどスムーズです。これはすごい。NTNとNSCのスチールとステンレスの差は、感じられませんが、どちらもどこまでも転がっていきそうなくらい、スムーズです。

S20161218_015

やっぱり MADE IN JAPAN はすごかった。

S20161218_013

V-Slot にするときに価格が5倍くらいはありますが、その差はローラー3個で600円。XYZで、4000円から5000円弱は高くなる感じです。

とにかく、日本製のベアリングはすごいねということが体感できました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中