対角V-Slot の試作品ができた

投稿日:

やっつけで設計し、試作品の3D モデルが出来たのでプリントしてみました。

Cura_-_15_04_6

エキセントリックナットは使わず、ネジで押し込む感じにしたのでパーツは2つ。

IMGP0996

速く付けてみたかったので、0.2mm で速度は速め。この黒いタイヤを付けてみます。

IMGP1010

出来たパーツ。

IMGP1019

組み込みます。

IMGP1020

付けるパーツは、黒いタイヤのタイプでベアリングは中華製。

IMGP1015

こんな感じ。

IMGP1017

上からIMGP1011

三角のフレームもサイズは同じなのでフィットします。こんな感じ。

IMGP1013

こうしてあわせると、筐体にフィッティングしやすいかも。まぁ、ジョイントを作ればいらないか。

IMGP1018

そこそこスムーズですが、ベアリングのひっかかりはありますね。方向性としては悪くない感じです。CNC用途だと、上下と左右に加重がかかるので、タイヤは4つあったほうが良さそうです。それかタイヤを2重にするとか。まだ改良の余地はありそうです。

 

次は、日本製のベアリング用に5mm 穴にフィットするタイプを作ってみます。板はCNC 用途でアルミ削るなら、やっぱり金属で作りたいですね。3Dプリンターならこんなんでも大丈夫そう。

 

その次に、小さなタイプのでも作ってみます。どれがいいのか検討ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中