CNC の底をどうするか?

投稿日:

ベット部分に、安さから18mm のMDF (600×600 で約1200円ほど)を使うことを想定していましたが、他の選択も一応考えてみました。

D-SlotV2構造_ 3

まず、10mm 厚の 600×600 のアルミ板(A5052)がモノタロウで約1万円でした。20mm だと約1.9万

MonotaRO ノーブランド

アルミ(A5052)切板 厚さ10mm

アルミ(A5052)切板 厚さ20mm

5000円くらいだったら、これも候補にしたかもしれません。が、据え置き。300 x300 の 10mmだと、2500円なので小さい加工機を作る場合はいいかも。いや、今回小さく作るという選択もありかもです。コメントを見ると完全なフラットとあります。

あと、今回眼中に入っていませんでしたが、SS400D(ミガキ材)四角棒 の20mm角の長さ400mm が約1000円です。これのフラット度はどのくらいかわかりませんが、そこそこ平行なら小さなものを作る加工機もいいかもです。フライス加工してもらうと、いくらするんでしょうね。

 

まぁ、あれですね。今回のコンセプトは安く作るということから、これらは次回の楽しみの取っておいて、MDF の板に穴を開けて、ナットを噛ませて、それらを張り合わせるという構造が安くて良さそうです。最上面は、フライスしてフラットにする感じ。

10mm の MDF を2枚張り合わせるという構造にしようかと思います。ナットは、M5 くらいで、その穴は、これから作るCNC で削るという具体。そりを押さえるため、底には、2020 のアルミフレームを這わせるという構造です。

 

鬼目ナットというのもありますので、それをMDFに打ち込むだけでもよさそうですね。

木工用埋め込みナット

英語だと、insert nut で検索するとたくさんでてきます。たとえば、以下のような M5 の長さ13mm あたりがよさそう。価格は、100個で送料入れて1400円ほど。もう少し安いのもあるかもしれません。10mm 厚の何かに打ち込むことを考えて、10mm のでもいいかもです。

HTB1.j1XPXXXXXXIXXXXq6xXFXXXT50mm 間隔で入れるとして、100個あれば足りそうです。600円くらいのがあったので、それをポチっておきました。

MDF 18mm に底にアルミフレームを入れて、インサートナットをMDFに入れて固定できるようにするのが安くて良さそうです。この方針でいきましょう。こんな感じ。

D-SlotV2構造

あとは、駆動部分と、スピンドル部分ですね。モーター、シャフト、プーリー、タイミングベルトなどだいたい到着しましたので、ぼちぼちこれを考えることにします。

50mm ごとに穴を開けると以下のような感じ。インサートナットは、130個必要だったので、追加でぽちっと。ミスミのフラットフレームと少し迷いましたが、600mm で250円なので、これでもいいかもです。もしかすると、良く使うであろう、200mm 幅にこれを2本入れるかもしれません。

フラットフレーム ツバなし 溝幅6mm 1溝タイプ

D-SlotV2構造_ 4

2040 のベースのアルミフレームは、黒かアルマイトか悩み中。350円ほど高いんですよね。4本で1300円くらい。もう少し設計が進んだら、購入しますのでそれまで考えます。

あと、現在だと85mm までの高さでフレームがあたるので、もう少しベースの緑部分の高さを上げる必要があるかもです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中