ビールケース大を調達しました

投稿日:

9999円以下で作る3Dプリンターの構造用に使うビールケースを、酒屋さんで調達してきました。200円でした。

P1300013

底が邪魔なので、とっぱらう予定。

P1300014

こんな構造になっています。

P1300015

ニッパーでも金きりはさみでも切れます。

P1300016

汚れている部分は、削れば綺麗になりそうです。

P1300017

解体には、カッターが一番いいかもしれません。

P1300018

すこしづつ、解体していくことに。一気にやると、こういうのは疲れて嫌気がさしますので。

 

corexy にして使うには、どのようにケースを使うのがいいのか考えたいと思います。

 

開口部が上になるのがいいので、この置いた状態のまま使うことに。xyz のフレームはグリーンフレームSを5本調達。

合計338円。安いですね。2020 のを使うより、500円以上コスト削減できました。

 

現在までのパーツ代合計(送料込)

———————————–

RAMPS 1.4                                        —–> 436円

Stepper Driver A4988 x 5pcs               —–> 500円

J-head Hotend Extruder Kit For E3D V6 —–> 513円

Mega 2560 R3                                   —–> 872円

RAMPS 1.4 コンパネ (LCD 12864)         —–> 807円

チューブと継ぎ手セット                        —–> 121円

MK8 ドライブギヤ                               —–>   65円

ステップモーター x 5                           —–> 2080円

XH2.54 Terminal x 30 個                    —–>   30円

ビールケース大                                   —–> 200円 ★今回計上したもの

グリーンフレームS 5本                        —–> 338円 ★今回計上したもの

———————————–

5,962円

残 4,038円

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中