DIY Tool Wagon のジョイントをテストプリント

久しぶりに 3D プリンターを動かしました。

P1300714

部屋がかなり散らかっていたので、片付けながらやっと作業できそうなまでに落ち着いたので、久しぶりにプリントしてみました。

P1300721

とりあえずは、試作です。

P1300722

ちょっときついので、バーナーであぶって入れました。もう少しゆったりと作る必要がありそうです。

データの修正は今度やることにして、また違うことをやろうかと。

広告

DIY Tool Wagon のジョイントを作った

100円均一のステンレスプレートとミスミの安いグリーンフレームのアルミフレームを使って Tool Wagon を作っていますが、やっとそのジョイントが出来ました。

DIY_ToolWagon

こんな感じでフレームとプレートを固定する感じです。もう少し簡単な形にしようと思っていたのですが、作っているうちに複雑な形状になってしまいました。

とりあえず、テストプリントして良ければ16個プリントしようと思います。色は何色にしましょうかね。赤かグレーか、ツートンカラーか迷っています。

color

こんな感じにしましょうかね。うん、なかなかいい感じの色です。

 

あとは、取っ手と台車のジョイントを作ればできそうです。台車は違うものに使ってしまったので100円ショップで再調達です。

ダイソーのステンレストレイとミスミのアルミフレームでDIY

ダイソーのステンレストレイが100円で、結構大きいのでこれでツールワゴンみたいなのを作ろうと思います。

IMG_20170323_180046

39 x 29cm 深さ18mm くらいのが100円。ちょっとしたワゴンにちょうどいい大きさじゃないでしょうか。

他にも、値段が300円まででいろいろあります。

IMG_20170323_180053

これは300円ですが、40 x 30cm と大きく深さもあります。

IMG_20170323_180056

少し小ぶりで 32 x 23cm ですが、深さがあるタイプ。200円

IMG_20170323_180059

上記の浅いタイプ。

IMG_20170323_180112

ちょっと失礼して、並べて検討。100円のでとりあえず十分だということで、これを4枚ゲットしました。400円。あと写真にはありませんが、2つ並べてちょうど良さそうな、23 x 16cm の少し深めのものも2つゲット。

 

以下のようなものを作ろうと思っています。簡易的にプレートをモデリングして、接続パーツやアルミフレームの検討をしています。

ステンレスプレート_ 3

ベースのフレームは細い18mm と 28mm のグリーンフレームです。

ステンレスプレート_

グリーンフレームは太いので作るか、細いのかで迷っています。コスト重視なら細いものですが。

ステンレスプレート_ 2

このステンレストレイは、大きさが 39 x 29cm もあって100円で利益出るんですかね。0.5mm くらいなのでコストは抑えてありそうですが。100円ショップ、ほんと楽しいです。

P1300042

工具が床に散らばるので、部屋の中にあると便利かなと思いまして。こんな感じで工具がちょうどいい感じに載せれます。

P1300038

高さは50cm を検討。台車も100円ショップで売っていたのでゲットしてきました。

これは、ダイソーじゃなく100円ショップのSeria(セリア)です。1個あたりの耐荷重は約10kg とあります。4つで40kg なので人が乗る用途でもないので十分でしょう。

P1300347

ストッパー付きです。100円なのに高機能ですね。ベアリングとかは入っていませんが。

台座は四角なので、ジョイントアダプターを作る必要がありますね。

P1300348

38mm 角のようです。

P1300349 

材料の概算費用は、ステンレストレイが4枚で400円とフレームがグリーンフレームS だと416円、グリーンフレームだと684円。このくらいだったら、太いほうがいいですかね。タイヤが4個で200円。合計で、1016円か、1284円。あと取っ手のフレームも加算しますので100円か200円くらい高くなりそうです。

 

もう少し、CAD上でつついて検討したいと思います。高さは、50cm もなくていいのかな。トレイは取り外せるようにするか、固定するかでフレームの構造も決まります。

ミスミのグリーンフレーム、サンプルが到着

先着500名に無料サンプルを配っていたので、申し込みしておきました。それが到着。

P1300008

外寸28mmタイプのサンプルです。前回検討していたのは、外寸19㎜のフレームのグリーンフレームS というやつです。

P1300007

想像より、がっちり固定されています。

P1300009

ボルト一本で固定できるのは考えましたね。これは便利です。

P1300011

このようにツメでクランプして固定する構造です。

 

このツメ上のフレーム部分に注目してみました。

S20170321_001

625 ベアリングに溝が切ってあるタイプを当ててみると、ちゃんとひっかかります。少し角度を変えて、上下180度で挟み込む感じでも大丈夫そうです。

S20170321_002

これだけひっかかれば、3個のベアリングで挟み込めます。グリーンフレームのS でもこのでっぱりはさほど変わらないはずなので、350mm が73 円で買えますから、1本のスロットは最安値ですみそうです。

 

9999円の3Dプリンターのスロット用に採用する方向で検討します。

ミスミのマスキングテープ

3M のマスキングテープが残り少なくなってきたので、なんか安くていいのないかなと探していました。

何も知らないときに、アマゾンで2巻きを1200円で買っていたのですが、なんかこれ、お値打ちじゃないよねということで、違うのを探しました。

3M マスキングテープ 343 60mm×18M 2巻パック 343 60

 

813f1lWxKZL._SL1500_

今は、980円のようですが、6cmもなくていいから、もう少し安いのが無いかと探したところ、ミスミに5cm 幅の18Mが2巻きで250円ほどでした。(型番:N-MSTPE-50 )リンクは、今ミスミのサイトがメンテナンス中なので、あとで張っておきます。

IMGP1239

色は黄色ですが、基材は和紙で同じようなものなんじゃないかと。

IMGP1238

このように少し幅は狭いですが、小さなパーツを印刷するにはちょうどいい感じです。張り付き具合も問題なさそうです。若干、3Mと比べると弱いかもしれません。ということで、これからミスミのマスキングテープを使っていくことにします。

 

608 タイプのベアリングが余ったので、前からプリントしてみたかったフィラメントのローラーを作ることにしました。

Wanhao_i3_Duplicator_Spool_Holder_by_cyul_-_Thingiverse

色は、ローラー部分を変えるといい感じですね。

Wanhao_i3_Duplicator_Spool_Holder_by_OmNomNomagon

こういう半透明なのは、今後買いたいなと思います。とりあえず、グレーでプリントしてみました。

IMGP1242

5cm のマスキングテープは4列貼っています。

日本製のベアリングは中華と比べてやっぱりすごかった

土曜日は残りの仕事でほとんど潰れてしまったので、対角V-Slot の設計は進んでいません。

NTNとNSK(NSKマイクロプレシジョン株式会社)のベアリングや、小さなV-Type のベアリング(中国製)も届いたので、軸をネジ止めして軽く手で回り具合を確認してみました。中華製にもいろいろとグレードがあると思いますので、ここではアリエクでゲットした1個30円ほどの低価格な中華製と比較した時の事を書いておきます。

imgres

まずは中華製のメーカー不詳の小さなベアリング。これはV-Type のスチール枠にベアリングが組み込んである感じのもの。かなり小さいです。

S20161218_005

内径は、2.9mm

S20161218_006

M3 のボルトが収まります。   S20161218_002

スチール製の20個で600円ほどのモノで、精度はまぁあまりよくありません。

S20161218_003 外系は11.9mm

S20161218_004

厚みは、3.9mm

S20161218_008

エヌアイシ・オートテックの三角アルミフレーム とのバランスはこんな感じ。

S20161218_007

少し精度は悪いとは言ってもそれなりにスムーズに回ります。軽く小さく安く作れるメリットは出そうです。

 

次、日本製のベアリング2種。625 タイプのものです。

ISC_P28-31_pdf 2

NTNのスチール製のと、NSKのステンレス製のをゲットしてみました。S20161218_009

これは、NTN(NTN株式会社)のスチール製の 625zz です。Japanと刻印があります。

NTN_Corporation_Logo.svg

S20161218_014

 

次は、ISC(NSKマイクロプレシジョン株式会社) のステンレス製の 625-H-ZZ です。こちらは、5個パックで箱に入っているようです。6個買ったので、1つはバラ。

NSK_Logo.svg ISC_P28-31_pdf  どっちのロゴなんでしょうか?社名は、NSK があるので、NSK のロゴともいえそうですが、歴史的には、ISC のロゴのようですね。

S20161218_010

レトロなデザインのパッケージに入っています。このパッケージには、ISC のロゴが入っていますね。MADE IN JAPAN の響きは、やっぱりいいですね。

S20161218_011

見た目からして、期待できそう。

S20161218_012

仕様は以下です。

ISC_P28-31_pdf 3

M5のボルトを挿して、軽く転がり具合を肌で確認したところ、体感できるほどスムーズです。これはすごい。NTNとNSCのスチールとステンレスの差は、感じられませんが、どちらもどこまでも転がっていきそうなくらい、スムーズです。

S20161218_015

やっぱり MADE IN JAPAN はすごかった。

S20161218_013

V-Slot にするときに価格が5倍くらいはありますが、その差はローラー3個で600円。XYZで、4000円から5000円弱は高くなる感じです。

とにかく、日本製のベアリングはすごいねということが体感できました。

ネジはミスミで買う事にした

M5 の 30mm のネジがやっぱり欲しいなということで、ミスミだといくらかなと見てみました。

10300240130

ACB5-30 がお安くて、よさげ。数を入れて値段を見てみると、

まず、1本だと、221円。

ACB5-30|六角穴付ボルト 全ねじタイプ|ミスミ|MISUMI-VONA【ミスミ】 2

50本だと、1050円

ACB5-30|六角穴付ボルト 全ねじタイプ|ミスミ|MISUMI-VONA【ミスミ】 4

100本だと、なんと800円

ACB5-30|六角穴付ボルト 全ねじタイプ|ミスミ|MISUMI-VONA【ミスミ】 3

ということで、100本も使いませんが、ぽちっとしました。HNT3-ST3B-M5|六角ナット_3種|SUNCO|MISUMI-VONA【ミスミ】_と_注文の詳細___MISUMI-VONA

ナットもワッシャーもゲットして、送料無料であさってには到着というお手軽さ。神です。ネジ以外もこれからたくさんお世話になるはずです。ただ、価格のソートがないのがおしいです。最終的に価格が安いのを検討しますから。

 

と、記載している内にエヌアイシ・オートテックの三角アルミフレームが到着しました。400mm で購入。平らな面があるので、こっちの三角フレームに軍配があがったわけです。

MISUMI-VONA

梱包も丁重でさすが日本製。中国からの梱包とはグレードがぜんぜん違います。そして、このフレームものすごく良さそうです。ヘビー級とあるだけあって、肉厚も十分。ずっしりと重いです。20mmのも、40mm のもどちらもハイクオリティー。

良い xy テーブルが出来ると思います。今週、土日含めて楽しみが増えました。

あと、NSK と NTN の国産ベアリングも比較のため、3個分のローラー作る6個をゲット。どのくらいクオリティーが高いでしょうか?